なんでだ!?射精しても気持ち良くない!

射精した瞬間が気持ち良くない・・・
これは、勃起障害、勃起不全のひとつです。
-shared-img-thumb-PAKU150710540650_TP_V-500
また、これらの障害により、
オナニーはできるけど、女性の膣内では中折れしてしまうことで、
セックスレスの原因となります。

射精の瞬間まで硬さが持続しない
射精した瞬間に射精感がない
射精した直後にふにゃふにゃになる

では、気持ち良い射精ができない原因はどんなものが考えられるでしょう?

原因1:男性の更年期症状

実は、女性だけでなく、男性にも更年期というものがあります。

40代以降の男性ホルモン減少によって、
体力が衰えたり、疲れやすくなったり、性欲が落ちたりします。

先輩たちから、
「40代になったらカクんと落ちるよ」とか、
「50代だと更に疲れが取れないよ」なんてことを聞くことがあると思います。

これらは、昔からよく聞きますが、
まさに、更年期の到来を体感した言葉かな?と感じますね。

原因2:心理的・精神的・うつ

仕事のストレスや健康、金銭問題による心理的、精神的なもの、
また、それに起因するうつ症状も、精力・性欲とリンクしています。

その為、勃起が不完全になる理由として、
体の健康以外に、心の部分に気をつける必要があるでしょう。

また、うつ症状は更年期症状のひとつとして現れる場合があります。

更年期からのうつ症状は、
今までメンタルが強かった方には、相当な戸惑いがあると思います。
(私みたいに若い頃から打たれ弱いよりも心配しちゃいます)

突然、ガクッと老け込んでしまわないように、
「更年期が原因なんだ」という原因を見つけた安心感。

これを知っているのと、知らないのとでは180度受け止め方も、
その後の対処も変わってきますので、注意が必要です。

精力剤と勃起改善薬、どっちが有効?

精力剤と勃起改善薬のどっちが有効か?

勃起改善薬とは、
医師に処方してもらうバイアグラなどがそれに当たりますが、
精力剤とはどんな違いがあるのでしょうか?

勃起改善薬は、勃起を持続させることを最大の目的としています。

一方、精力剤も同じように勃起を持続させるといった感じですが、
その実、精神的な部分にアプローチすることには非常に有効です。

心からアプローチして、
自然に勃起&射精感アップ!というのが精力剤だと私は思います。

精神的な側面からお勧めしたいのは精力剤

私も精神的にきつい時期に精力剤をはじめました。

精力剤は、脱法ドラッグではありませんから、
飲んでハイテンション!というわけではないのですが、
勃起力が改善すると同時に、心も前向きになれたと感じています。

結果、30代前半くらいまで感じていた射精の気持ち良さを取り戻すことが出来ました。

もし、あなたも射精感の無さに不安を感じているなら、
試しに1ヶ月だけ試してみることをお勧めします。
(2週間くらいから自分に合う、合わないが分かると思います)

どれかひとつをお勧めするとしたら、
やっぱりマカ&クラチャイダム12000かな?

マカ&クラチャイダム12000


うつ病と勃起不全と精力剤の関係

以前お話した「うつ病と勃起不全」に関して補足がありますので、お話してみたいと思います。
関連記事(うつ病と勃起不全)
ojisan_shock-200
うつ病というのは、とてもデリケートな話ですし、
実際問題、個人差ありまくりな千差万別の世界の話でもあります。

うつ病は心の風邪だ-なんて、とても分かりやすい表現なんですけど、
一言に風邪と言っても、熱が出たり、腹痛や頭痛が伴ったり、体の節々、嘔吐・下痢・・・と、
その症状は人それぞれだし、罹った風邪によっても差があるものです。


うつ病もまったく同じで、色々な症状があり、また軽度なものからちょっと重いものまで様々です。
もちろん、個人によっても良いときとそうでないときがあります。

うつ病はほぼ勃起不全を伴います。
うつ病はほぼ勃起不全を伴います。

大事なことなので、2回言いました(笑)が、
ここでは「ほぼ」という点に注目してもらいたいです。

個人差、症状の差、そしてその他の要因で、
しっかりと勃起することもあれば、全然勃起すらしない時もあって...
男性の体だって、デリケートなんだよ(実際は男性の方が・・ね)と感じてもらいたいと。


では、うつ病に対して精力剤・精力アップサプリメントは、効果が見られるのか?

効果と謳うことは薬事法に違反してしまうので断言は出来ませんが、(お薬ではないので)
例えば、GHリリーザーと呼ばれるアミノ酸群は、精神衛生上よい効果が期待できます。
>参考記事:成分紹介「GHリリーザー」とは?

簡単に言ってしまうと、うつ病は心のバランスが崩れてしまったのが原因ですが、
それを体の内部を改善することで心のバランスを整えよう!といった感じです。

遠回りのような気もしますが、ホルモンバランスを整えることで、
直接的に心というものにも作用すると、私は考えています。

ちなみに、精力剤によく使われているマカやクラチャイダムといった成分には、
GHリリーザー(アミノ酸群)であるアルギニン等が含まれています-。


パキシルやルボックスといったうつ病治療薬は確かに効果はあると思いますが、
体が元気になるわけではありませんからね。



いつもネガティブだったとしても、
今だけは少しだけ、ほんの少しだけポジティブになって、
精力剤や精力アップサプリメントを信じてみてくださいね。


うつ病とうつ病っぽい症状に悩んでいる方は、GHリリーザーを試してみてはいかがでしょうか?
精力アップサプリメント「GHプレミアム」

関連記事(うつ病と勃起不全)

うつ病と勃起不全【男性だけでなく女性にも読んでいただきたいです】

食欲不振、睡眠不足、性欲減退(勃起不全)というものが、
たくさんある「うつ病」の中の症状
です。
何に対してもやる気が起こらない、自分の居場所が無い、必要とされていない、と考え、
頭の中では、ふと「自殺」に針が振れてしまうことがあります。
iryou_doctor_nurse-300
うつ病の症状は、人それぞれで実に多くのパターンがあって、
頭痛、腹痛、吐き気、肩、背中、腰が痛くなる・・といった例もあります。


精神的な部分だけでなく、
本人にとっては、身体的にも「なんか変だな・・・」と違和感があるものです。

そして、電車に乗れない、車には乗れるけど高速や長い橋を渡るのにドキドキする、
映画館や人ごみが苦手になる、
冠婚葬祭、会合、会議、飲み会ですら億劫・・というか、
出ること自体がキツくなります。



では、性欲減退、勃起不全は、
精神的なものでしょうか、それとも肉体的なものでしょうか-。



これは、どちらも当てはまるというのが答えです。



精神的に「できない・・・」となって、それが肉体として出る場合と、
肉体的に「立たない・・・」となって、それが精神に影響する場合
といった具合です。

どちらも、それぞれ関係し合うのが性欲減退であり、勃起不全なわけです。



重症といえる期間には、お勧め出来ませんが、
ある程度、体が動くようになってきた場合には、適度な運動というのは非常に有効的です。
jogging_man-200
適度な運動というと、少し手を抜くイメージがありますが、
「子どもの頃の遠足」を思い出しながら、それくらいの量の負荷を体に与えるようにします。

これは、頭・脳・心といった精神的な部分だけが疲れていたというアンバランスさを、
肉体的にも同じレベルくらいまで疲れていただくことが目的
です。



そうすると、肉体的に回復する時に同時に精神的な部分まで回復するといった具合です。

運動不足が精神的な部分に影響を与えるのか?と不思議に思うかも知れませんが、
バランスが取れなくなった心と体を、「(肉体的な)疲れ・疲労」で強制シャットダウンして、リセットするといった言い方なら、
うつ病を患ったことが無い方にも分かりやすいかも知れませんね。



体と心は両輪です。
どちらがパンクしていても、人間の体はスムーズに動きません。


時には自分の体と心を見つめて、メンテナンスしてあげてくださいね。


そして、ご家族の方は穏やかな心で接してあげてくださいね。