勃起不全と男性の更年期症状を考える

歳を重ねることは罪でも罰でもなく、自然なことです。
ですが、現代において50代、60代は、まだ現役も現役。
人生で一番充実している!と答える方も居られます。

が、反面、何をしても疲れてしまう、やる気も起きない、
まして、SEXなんて・・・する気持ちすらないよ・・・という方も多いのも事実です。
tameiki_businessman-300
しかし、もし、これらが更年期として当たり前の症状だとしたらどうしますか?


あなたは、受け入れてしまいますか?
それとも、あらがってみますか?


女性の更年期症状というのは、男性も知っているほどに、その存在が認知されています。

しかし、男性の更年期症状というのは、まだまだ多くの方に知られていません。

ですが、女性のそれと同じように男性にも更年期が訪れているのです。


更年期のメカニズムは、女性と同じです。

原因は、20代前半をピークに徐々に減少するホルモンの分泌で、
20代前半と比較して、40代の頃にはおよそ半分となっています。

「なるほど、40代くらいから疲れやすくなったのは、このためか!」

既に、40代を迎えた経験のある方なら、実感していただきやすいと思いますが、
確かに40代に突入したあたりから、徹夜明けからの回復力が違うとか、
勃起不全が現実のものになってしまった感があるのは否めないのでは無いでしょうか?


身体の立場から言わせてもらえれば、
「半分になっているんだから、自重してください!」と怒られてしまうかも知れません。

ホルモン分泌が40代で半減、50代、60代では更に減っていますから、
諦めるか、あらがうかをあなたは選択することを迫られています。
(ちなみに、これって中年太りの原因でもあります)


男性の更年期にあらがってみたいなら、
ホルモン分泌を高める、ホルモンによって生成される栄養を外部から取り入れるなどの対策が必要です。

キーワードは、GHリリーザーとかアミノ酸といった言葉なんですが、
これらは、既に関連記事内にてお話していますので、そちらを参考にしてみてくださいね。

関連記事>GHリリーザーとは?


男性にも更年期症状があるんだ!ということを理解していただくだけでも、
少し気持ちが楽になった-と思います。(私もそうでした)

あとは、どういった対策を講じるかは、あなた次第です。